フードシェアリングとは何なのか

飲食店が行っている工夫

綺麗な環境を維持するために

余計なゴミを増やすと、環境破壊に繋がります。
環境を守るためには、食品がなるべく廃棄にならないように工夫しなければいけません。
ですから、フードシェアリングという方法が注目されています。
フードシェアリングとは、余った食品を安い価格で販売することです。
お客さん側からするとお得に購入できるので、食品を買ってくれる人が増えると思います。

食品を余らすのはもったいないので、全て売り切る努力をしてください。
お客さんの入り具合を見極めて、今日は食品がどのくらい余るのか早めに把握しましょう。
そして早い段階で食品を安く販売することで、お客さんが買ってくれる確率が高くなります。
無駄を減らしながら、飲食店を経営してください。

多めに食材を確保する

少なく材料を入荷すると、廃棄になる食品も減らせると考えている人がいます。
しかし、材料が少ないとお客さんがたくさん来た時に、食品を提供できなくなってしまうので困ります。
せっかくお客さんが食品を求めてお店まで来てくれたのに、食品を販売できないとガッカリさせてしまいます。

お客さんに迷惑を掛けるので、毎日食材はきちんと足りるように準備してください。
ですから食材を多めに確保して、余った食品をフードシェアリングで安く販売するのが最もいい方法です。
食品を買いに行ったのに売り切れだと、お客さんは悪い印象を受けてしまいます。
徐々に人気が出てお客さんが増えてきたら、毎日用意する食材の量もそれに合わせて増やすといいですね。


TOPへ戻る